思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論 - 村田麻里子

村田麻里子 思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論

Add: uxebad47 - Date: 2020-12-02 17:20:32 - Views: 8765 - Clicks: 8911

博物館情報メディア論博物館経営論: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ハクブツカン ジョウホウ メディアロン ハクブツカン ケイエイロン: 著者名ヨミ: オオホリ, サトシ ミズシマ, エイジ: 言語: 日本語: 分類・件名: ndlc : ua31 ndc9 : 069 ndlsh : 博物館学. 思想としてのミュージアム : ものと空間のメディア論 村田, 麻里子 京都 : 人文書院 o69 m 博物館実習マニュアル 全国大学博物館学講座協議会西日本部会 東京 : 芙蓉書房出版 o69 m インターメディアテク : 東京大学学術標本コレクション 西野, 嘉章. 1 図書 文化の「発見」 : 驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで.

212 マス・コミュニケーション研究 No. 思想としてのミュージアム: ものと空間のメディア論. 思想としてのミュージアム 書名ヨミ: シソウ ト シテ ノ ミュージアム: ものと空間のメディア論: 言語区分: 日本語: 著者名: 村田 麻里子/著: 著者名ヨミ: ムラタ マリコ: 出版地: 京都: 出版者: 人文書院: 出版年月:. 本稿は,第33号・34号に引き続き「ミュージアムのメディア論(仮)」の構想の一部をなす ものである。第33号では,ミュージアムが「モノ」を扱うことの意味や,そこに含みうるイデ オロギーについて検討した1。また第34号では,中世から続く西洋の蒐集. 著者:著村田 麻里子. 博物館情報・メディア論 資料種別: 図書 責任表示: 稲村哲也, 近藤智嗣編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会,.

主な著書として『思想としてのミュージアム―ものと空間のメディア論』(人文書院、年)、『ポピュラー文化ミュージアム―文化の収集・共有・消費』(共編著、ミネルヴァ書房、年)などがある。 立石祥子 立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員. 『ポピュラー文化ミュージアム―文化の収集・共有・消費』(石田佐恵子) のみんなのレビュー・感想ページです(4レビュー)。. 報学)。専門はメディア論、ミュージアム研究。「メディアとし てのミュージアム」という視点から、空間や場がもつ思想的・社会的意味 に関心を寄せる。主な著書として『思想としてのミュージアム―ものと空間 のメディア論』(人文書院、年. 吉田, 憲司(1955-) 岩波書店.

Encyclopedia of Archival Science. 村田麻里子 『思想としてのミュージアム−−ものと空間のメディア論』 人文書院 吉田憲司 1999 『文化の「発見」−−驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで−−』 岩波書店 * 本発表は科研費(17k04871)による研究成果の一部である。 h 174 h. &0183;&32;“村田麻里子さんの『思想としてのミュージアム:ものと空間のメディア論』(人文書院)を読んでいる。まだ3章までしか読み終わってないけど。集め、見せる主体が可視であったキャビネットから始まり、ミュージアム空間が完成していく中で、展示を眺めるだけの主体が生成する、って. 阿良田麻里子 著 住宅内のどこで、だれと、どのように食べるか : マレーシア華人社会の正月菓子「年餅」から浮びあがる社会関係: 櫻田涼子 著 「食べる」茶の生むつながりとへだたり : 広東省汕尾の鹹茶の事例から: 稲澤努 著. 村田麻里子『思想としてのミュージアム:ものと空間のメディア論』人文書院、年. 畑仲哲雄『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』勁草書房、年(年度内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞).. 著者 村田麻里子 出版社 人文書院; 刊行年 ; サイズ 四六判; 冊数 1. 専門は、メディア論、メディア思想、文化社会学。. 村田さんは、『思想としてのミュージアム―ものと空間のメディア論(人文書院、年)』『 ポピュラー文化ミュージアム―文化の収集・共有・消費(ミネルヴァ書房、年)』 など、 ミュージアムという場をメディア論の視点から研究されています。.

11 図書 思想としてのミュージアム : ものと空間のメディア論. 思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論 by 村田麻里子 View Our Holiday Gift Guide We made holiday shopping easy: browse by interest, category, price. *全4冊揃 a5判 全巻初版 月報揃 カバー付 帯付 少傷み・少ヤケ・僅かシミ有 保存普通<登録書籍は店頭にない場合がありますので、ご来店の場合は前日までにご連絡下さい> / 冊数 : 1 / 刊行年 : 1999 / 出版社 : 慶應義塾大学出版会. ・『博物館学事典』雄山閣、『新時代の博物館学』芙蓉書房出版、大堀哲・水嶋英治編著『博物館情報・メディア論*博物館経営論』学文社、『博物館情報・メディア論』ぎょうせい、村田麻里子『思想としてのミュージアム: ものと空間のメディア論』 人文書院.

村田麻里子『思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論』人文書院、年、170頁。 日本の博物館とは、当初は来館者となるべき階層がいない中で、政府の政策を直接的に反映する行政的組織としてつくられ、のちに社会構造の変化に伴い初めて. 書評村田麻里子著『思想としてのミュージアム:ものと空間のメディア論』 (単著),『日本図書館情報学会誌』Vol. 博物館情報・メディア論 フォーマット:. 3 形態: 273p, 図版 2 p ; 21cm 著者名:. 思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論. 思想としてのミュージアム: ものと空間のメディア論; イメージの根源へ: 思考のイメージ論的転回.

1 図書 思想としてのミュージアム : ものと空間のメディア論. 専門は、メディア論、メディア思想、文化社会学。 エッセイスト、散歩旅人。 テクノロジーがその隅々にまで浸透した現代の「日常」のあり方を探求・考察している。. 的に立ち現れたり,ある部分にだけ強く働いていたりする。そして,均質空間に 生まれる僅かな隙間や亀裂にこそ,公共性とは何かの問いがひそんでいた. ミュージアムの学びをデザインする : 展示グラフィック&学習ツール制作読本: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ミュージアム ノ マナビ オ デザイン スル : テンジ グラフィック & ガクシュウ ツール セイサク ドクホン: 著者名ヨミ: キノシタ, シュウイチ.

空間体験の重要性 五十嵐──強制的に物語を体感するというと、アートでも映像作品は音と連動していますが、展示によっては暗い部屋でずっと座って見るのは、つらいものもありますね。 村田──そうですね。例えばある時期からビデオ・インスタレーションの展示が急激に増えましたが. 日本のミュージアム / こどもくらぶ編. ミュージアムや大学で、メディア・リテラシーのワークショップを複数手掛ける。主著に 『思想としてのミュージアム-ものと空間のメディア論』(単著、人文書院)、『大学生のためのメディアリテラシー・トレーニング』(共編著、三省堂)な ど。. 年06月 紹介 Duranti, Luciana; Franks, Patricia C. 村田麻里子『思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論』年12月、人文書院、pp179-234、第5章 二一世紀におけるミュージアム空間の変容 同上書、pp235-258 、第6章 エピローグ. 村田麻里子『思想としてミュージアム-ものと空間のメディア論-』人文書院 村本邦子、芳賀順子「歴史・平和教育における「二次受傷」をどう考えるか ― 立命館大学国際平和ミュージアムにおける平和教育の現状と可能性」 『立命館平和研究 ― 立命館. — 人文書院, ・社会とつながる美術史学 : 近現代のアカデミズムとメディア・娯楽 / 太田智己著.

村田, 麻里子(1974-). 12,158p ; 21cm 114. ものと空間のメディア論』(人文書 問姐文は、村田麻里子『思想としてのミュージアム べなさい︒問3 本文を踏まえて︑ミュージアムの社会的な役割について自分の意見を述 簡単に説明しなさい︒問2 傍線部②について︑みずからの経験・体験から具体的な. 7 図書 ミュゼオロジーの展開 : 経営論・資料論. ミュージアムや大学で、メディア・リテラシーのワークショップを複数手掛ける。主著に 『思想としてのミュージアム-ものと空間のメディア論』(単著、人文書院)、『大学生のためのメディアリテラシー・トレーニング』(共編著、三省堂)など。.

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐるアート・雑貨・カフェ (Moe books) 杉浦さやか 価格:1,430 円 (税込、送料込、カード利用可) 販売店:楽天ブックス レビュー件数:6 レビュー平均:5 大学生のためのメディアリテラシー・トレーニング 長谷川一・村田麻里子編著、三省堂、. ・思想としてのミュージアム : ものと空間のメディア論 / 村田麻里子著. 12: 本体価格 ¥3200: isbn:. 論文題目 ミュージアムとは何か――メディア論的考察による転回 氏名 村田 麻里子 本稿の目的と先行研究 本稿は、ミュージアムをメディア論的視座から考察することによって、ミュージアムと はなにかを再定義しようとする試みである。. 『思想としてのミュージアム: ものと空間のメディア論』 村田 麻里子著 人文書院 『90分でわかるカント (90分でわかるシリーズ)』 ポール・スタラザーン著 wave出版 『現代思想 年1月号 特集=現代思想の新展開 -思弁的実在論と新しい唯物論-』. 12,291p : 挿図 ; 20cm 069.

12: ページ数: 291p: 大きさ: 20cm: ISBN: 4-409. 思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論 - 村田麻里子 政治学 薪ストーヴ Apple iPhone アトラクションの日常 iPad メディアリテラシー 江戸川 晶文社 書評空間. 長谷川 一・村田麻里子 編著. 思想としてのミュージアム タイトルヨミ: シソウ ト シテ ノ ミュージアム 副書名: ものと空間のメディア論: 責任表示: 村田/麻里子‖著: 責任表示ヨミ: ムラタ,マリコ: 出版地: 京都: 出版者: 人文書院: 出版年月:. セット定価 2,100円 a5判 160頁「テキスト」と「トレーニングシート」の2分冊で、日常の習慣的行為からメディアリテラシーの視点を学ぶ。. 2/Se1 1 6F開架閲 覧室. 思想としてのミュージアム: ものと空間のメディア論 by 村田 麻里子 ISBN 13:ISBN 10:Hardcover; ISBN-13:. 思想としてのミュージアム--ものと空間のメディア論 村田 麻里子; 担当区分 単著 出版者・発行元 人文書院 書籍等出版物リストへ.

— 吉川弘文館, (シリーズ近代美術のゆくえ) ・すべてのドアは、入り口である。. 一つはミュージアムという空間のコミュニケーションについて、メディア論という切り口で考えることです。 ミュージアムに展示されているものは、テレビや新聞などのメディア情報と同じように、さまざまな意図によって選ばれ、構成され、並べられてい. 021/S h27 6F開架閲 覧室 滋賀ミュージアムガイド,滋賀県博物館協議会編,彦根,サンライズ出 版,. 思想としてのミュージアム : ものと空間のメディア論,村田麻里子著,京都,人文書 院,. Webcat Plus: 思想としてのミュージアム, "ミュージアムブーム"と"ミュージアム冬の時代"は、なぜ同時に起きているのか?

思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論 - 村田麻里子

email: axeme@gmail.com - phone:(170) 213-6725 x 7240

腎臓病から見えた老化の秘密 - 草野英二 - 静岡県学調模擬テスト

-> 妖女狩り - 菊地秀行
-> チボー家の人々 - デュガール

思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論 - 村田麻里子 - 映画狂人のあの人に会いたい 蓮實重彦


Sitemap 1

素敵な女性の”自分を磨く”一日24時間 - 井上和子 -