ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利

半藤一利 ルンガ沖魚雷戦

Add: agedys59 - Date: 2020-11-29 06:09:03 - Views: 7770 - Clicks: 4429

半藤一利著 《作家》 主な著作 『レイテ沖海戦』、『ドキュメント 太平洋戦争への道(以上php文庫)』(php研究所) 税込価格: 628円(本体価格571円) 内容: 日本の水雷戦隊はルンガ沖で米大艦隊に遭遇、果敢に魚雷戦を挑んだ!. ウォッチ 品切 ルンガ沖魚雷戦 (文庫版航空戦史. ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 半藤 一利(はんどう かずとし 1930年(昭和5年)5月21日 - )は、日本の作家。 近現代史、特に昭和史に関し人物論・史論を、対談・座談も含め多く刊行している。.

『ルンガ沖魚雷戦(航空戦史シリ-ズ)』半藤一利(朝日ソノラマ)1984/05 『日本海軍を動かした人びと(リキトミブックス) 勝海舟から山本五十六まで』半藤一利(力富書房)1983/07 → 勝海舟著作目録. ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. ルンガ沖海戦の勝利 なぜ日本艦隊はネズミ輸送を優先して、すぐに攻撃態勢がとれず、米艦隊は20キロ先から察知されて、不利な状況にもかかわらず、高波の損害1隻だけで、大勝利をおさめることが出来たのでしょうか?日本がもっと優れたレーダを開発していれば日本軍の損害も減らせたの. 半藤一利著 《作家》 主な著作 『レイテ沖海戦』(php研究所) 税込価格: 1,650円(本体価格1,500円) 内容: 日本の水雷戦隊はガ島ルンガ沖で米大艦隊に遭遇、果敢に魚雷戦を挑んだ! 日本海軍の最後の“勝利”を克明に描く駆逐艦乗りへの鎮魂歌。. Pontaポイント使えます! | ルンガ沖魚雷戦 | 半藤一利 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 ルンガ沖魚雷戦 / 半藤 一利 / 朝日ソノラマ 文庫【メール便送料無料】【あす楽対応】.

【tsutaya オンラインショッピング】ルンガ沖魚雷戦/半藤一利 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 朝日ソノラマ 半藤一利. 書誌情報 責任表示: 半藤一利 著 出版者: 朝日ソノラマ 出版年月日: 1984. (10/22時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ルンガオキ ギョライセン|著者名:半藤一利|著者名カナ:ハンドウ,カズトシ|シリーズ名:航空戦史シリ-ズ|シリーズ名カナ:コウクウ センシ シリーズ|発行者:朝日ソノラマ|発行者カナ. Amazonで半藤 一利のルンガ沖夜戦 (PHP文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。半藤 一利作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ルンガ沖夜戦 評価 この戦いは戦術的には日本軍の一方的勝利であった。これは九三式魚雷、通称酸素魚雷に拠るところが大きい。この魚雷は当時の魚雷の中では最大級の破壊力を持つものであり、直径61cm、頭部の炸薬は490kg.

1942年代は今回で最後。次回からは1943年代へ。 ルンガ沖夜戦 概要 1942年(昭和17年)11月30日、ガダルカナル島への「鼠輸送」を行っていた駆逐艦8隻による第二水雷戦隊と、それを阻止するために出撃していた重巡4・軽巡1・駆逐艦6からなるアメリカ第67任務部隊との間で起. ルンガ沖魚雷戦 フォーマット: 図書 責任表示: 半藤一利著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 朝日ソノラマ, 1984. 航空戦史シリーズ 41. ルンガ沖夜戦(米国名The Battle of Tassafaronga)は、わずか十六分間で勝敗の決した戦闘である。しかも、太平洋戦争を通じて日本海軍が完勝した最後の海戦になった。短い時間に、艦の大きさ、その数、決戦前の態勢などはるかに劣勢であった日本の水雷戦隊が、圧倒的なアメリカ重巡洋艦隊を. 『ルンガ沖夜戦』(半藤一利) のみんなのレビュー・感想ページです(5レビュー)。. ルンガ沖夜戦 (PHP文庫)posted with amazlet at 10.

28半藤 一利 PHP研究所 売り上げランキング: 511346おすすめ. 【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】。【中古】 ルンガ沖魚雷戦 / 半藤 一利 / 朝日ソノラマ 文庫【ネコポス発送】. ルンガ沖夜戦 - 半藤一利 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

半藤 一利『ルンガ沖魚雷戦 41巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ルンガ沖魚雷戦 半藤一利 航空戦史. ルンガ沖夜戦(ルンガおきやせん)は、1942年 11月30日夜にガダルカナル島 ルンガ岬の沖にて日本海軍とアメリカ海軍の間で行われた海戦である。連合軍側の名称はタサファロング沖海戦(Battle ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利 of Tassafaronga)。. 昭和17年11月30日夜、ガダルカナル島近海のルンガ沖で日本の水雷艦隊とアメリカ重巡洋艦隊が遭遇する。艦の大きさ、装備、数のどれをとっても劣る日本軍の駆逐艦が、巡洋艦5隻と駆逐艦6隻の大艦隊に魚雷戦を挑んだ!―太平洋戦争を通じて日本海軍が完勝した最後の海戦である「ルンガ沖. 『魚雷戦第二水雷戦隊』(r出版, 1970年/改題「ルンガ沖魚雷戦」 朝日ソノラマ航空戦史文庫, 1984年) 改題『ルンガ沖夜戦』(php研究所, 年/php文庫, 年). ルンガ沖魚雷戦の本の通販、半藤一利の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでルンガ沖魚雷戦を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではコミック・ゲームの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。.

5 形態: 270p ; 15cm 著者名: 半藤, 一利(1930-) シリーズ名: 航空戦史シリーズ ; 41 書誌id: baisbn:. 半藤 一利(はんどう かずとし 1930年(昭和5年)5月21日 - )は、日本のジャーナリスト、戦史研究家、作家。 近現代史、特に昭和史に関し人物論・史論を、対談・座談も含め多く刊行している。. 商品紹介商品の詳細は以下表を参照ください。 項 目 説 明商品名ルンガ沖魚雷戦 著者 半藤一利 製造メーカー (株)朝日ソノラマ 定価 440円(当時) 商品紹介 長編戦記小説 ルンガ沖魚雷戦です。著者は半藤一利です。文庫本です。昭和59年5月15日初刷発行。 商品状態 中古本。擦傷、焼け. ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

5 請求記号: gb547-133 書誌id:.

ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利

email: ycizuhi@gmail.com - phone:(567) 497-4401 x 9401

こどものポピュラー・ピアノ連弾曲集 - さとう智子 卒業Cha

-> 財務管理 1993年度版 - 西沢脩
-> がんばれ 日本人大リーガー

ルンガ沖魚雷戦 - 半藤一利 - 高島易断共同組合 高島易断開運本暦


Sitemap 1

道の駅 完全ガイドブック<最新版> 2016-2017 - 映画狂人のあの人に会いたい 蓮實重彦